お金を借りる

お金を借りる

最終更新日 2016/9/16

0本日の特別融資はコチラです
消費者金融

絶対に審査を通過させるには

借入審査で落とされると信用情報センターへ登録されてしまいます。したがって、出来るだけ審査に落ちないようにしたいものです。確実に金融会社の審査を通るには、自分の状況を性格に把握することです。

 

自分の年収と現在の借金の額、過去の消費者金融の利用状況、居住(持ち家か賃貸か)などが借入審査で重要な項目です。
もしも現在の借入件数が4件以上あるならば、大手の銀行系キャッシング会社は諦めることです。

 

逆に、年収が500万円以上で借金もなく、ブラックリストに登録されていないようならば、問題なく大手の消費者金融で借りれます。
大手銀行系なら低金利でお金が借りれますので、毎月の支払いがうんと楽になります。

 

一昨年に施行されに総量規制によって年収の三分の一以上の借金が事実上不可能となりましたので、借入
件数が5件以上ある多重債務者や専業主婦の女性などは、新規の借入が困難になりました。借金を借金で返済するといった自転車操業ができなくなった
わけです。信用情報センターのブラックリストに掲載されている方なども同様、審査に通りません。そういった方は、あまりお奨め出来ませんが、
貸金業に登録していない闇金融などを探さないと、借りれるところはないでしょう。

 

但し、無審査キャッシングなどと偽ったクレジットカードの現金化や、取り立ての厳しいヤミ金融などでお金を借りることは、回避されたほうがいいでしょう。もし
万が一支払いを遅延させてしまったら、厳しい取り立てを受けることに成りかねません。大手で審査に通らなければ、中堅中小の消費者金融を探しましょう。
大手ほど金利は低くありませんが、ヤミ金融ほど高くもないはずです。審査も甘い金融会社もありますので、口コミ掲示板などをチェックするべきです。

消費者金融の選び方

0

借りたお金にも時効が存在します。時効というのは借金について言えば、「借りたお金があるけれど、督促も請求もしてこない」という事実が継続した場合、「借りたお金がある」ということが事実であるか否かにも関わらず、「督促も請求もされていないのだから、借りたお金はない」というところに帰着してしまうわけです。民法では、債権の消滅時効期間は10年間と決められています。従って、借りた日から10年間、請求や支払命令、催告や利息の書き換えなど、債務があることを認める行為を行っていないと、借金そのものが存在しないことになってしまいます。

 

金融会社の審査に通らない、クレジットカードを申し込んだものの審査で落とされてしまう、といった方は信用情報センターのブラックリストに載っている可能性があります。不安に思う方は、信用情報の開示請求をすると閲覧させてもらえます。全国銀行個人信用情報センター、全国信用情報センター連合会、などです。必要な書類、本人確認が出来る運転免許証か住民票などです。

 

消費者金融からの借金がかさんで多重債務に陥った場合、まず行うのが任意整理です。業者と交渉して自分の収入の範囲で長期分割払いにしたり、債務制限法に基づいて債務を減額したり、あるいは業者の約定利息を減額・免除してもらったりなどの交渉をすることです。任意整理を弁護士に委任したら、この時点で貸金業者の取り立て行為はできなくなります。

 

金融ローンの年間返済額は通常、目安として年収の25%以下と定義されています。しかし、アウトドアやゴルフなどのレジャーが多い世帯では、支払いに回せるお金も少なくなってしまうのが現状です。ローンの返済もずっと同じ状態を継続するのではなく、家庭の経済状態に応じて変えていくなどの工夫をすれば、負担が少なくなります。元金の全部か一部をまとめて返済する繰り上げ返済などは、返済した元金の利息を支払わなくて済む上に、返済期間も短縮して、総返済額もずっと軽減できます。また、低金利のおまとめローンなどに借り換えするのも、返済額の軽減につながります。 

総量規制が対象外になるローン

0

銀行ローンや住宅ローン、おまとめローン、車ローンなどが総量規制の対象外となります。それとは別に、貸金業に登録していないヤミ金融なども対象外です。そもそもヤミ金融は存在そのものが非合法などで、総量規制や法定金利など関係ありません。

 

現在の上限金利は法律で18.0%と決められています。それ以上の金利を取る業者は違法業者ということになります。以前はグレーゾーン金利といって、大手のキャッシング会社でも28.0%もの高金利を取っていましたが、最高裁で違法ということになって、払いすぎた金利を取り戻す過払い金請求を受けることになっています。もしも過去に高い金利を払っていた方は、金融を専門に扱っている弁護士か司法書士などで存在してみまそう。もしかすると、過払い金を取り戻せるかもしれません。

 

現在はネットの普及によって全国どこに居住しようとも、即日融資で現金が借りれます。概ね、当日の14時までに申し込めば当日融資が可能となります。北海道や東北地方、東京、名古屋、大阪、広島、福岡・・・、どこに住んでいようとも即日融資が可能ということです。

 

最後になりますが、金融会社で融資を受けるにあたっては慎重に借りることをお奨めします。返済の目処もないような状況でお金を借りてしまえば、後々二進も三進もいかなくなります。確実に返済の目処があってこその借金なのです。借金を返済するために借りようとする方は、諦めて自己破産などの任意整理をされたほうが得策でしょう。

 

現在最も審査が甘いと評判の金融会社