債務整理

借金苦に陥る要因

お金を持っている人がお金を必要としている人にお金を貸す行為は、至極当然のことであり
、自然の成り行きだと感じます。しかし、お金を持っている人が自分の金儲けのためにお金
を貸している状態には、少し違和感を感じざるを得ません。

借りたお金が返せなくなった人の末路は哀れなものです。たとえ自己破産という法律で解決
したとしても、過去に破産をした事実は消せるものではなく、大きな汚点を残すことになる
はずです。

自己破産に至った原因は、お金の借り過ぎに起因します。自分の支払い能力を超える借入を
してしまったことが、一番の大きな要因になるはずです。以下は支払い不能に陥った人の要
因です。

  • 消費者金融の過剰融資
  • 自分の自己管理能力不足
  • 不景気による収入の低下
  • リストラ
  • 住宅ローンの負担

上記の要因のうち、不景気による収入の低下やリストラなどは自己責任ではなく、外部から
の要因になりますので、仕方がないと思います。しかし、自己管理能力不足による支払い不
能は何ら弁解の余地はないです。

レジャーやギャンブルにのめり込んでの結果が大半ですが、こういった人たちが自己破産に
よって借金がチャラになったとしても、性根が治っていませんので、同じことを繰り返すよ
うな気がします。

0

借金による生活崩壊

「無いものは無い」と開き直れるくらいの図太さがあれば、借金問題も簡単にクリアすると
思いますが、多くの人は支払いに充てるための金策に奔走し、苦慮し、何ら解決策を見出す
ことが出来ていないのが現実なのです。

そんな善良の人に見られるのが、借金問題による離婚、自殺、別居、失業といった、二次的
な借金被害です。ここまで苦しむ必要はありません。十分に苦しんだのだから、後は法律に
守ってもらうことが肝要です。