確実に借りれる消費者金融

0

審査に通る自信のない方は審査基準の甘い金融会社を選択すれば融資の確率が高くなります。

各消費者金融業者の審査基準の特性を理解すれば、自分がどの業者へ申し込めば審査に通るかが確実にわかってくるはずです。

消費者金融等の貸金業者は、賃借した金銭が回収不能に陥ってしまい、焦げ付いてしまうことを一番危惧します。特に融資の可否を判断した金融会社の支店長などは、自己の成績に大きく寄与してきますので、彼らにとったら死活問題といえるでしょう。したがって、融資の際の審査はどの業者も慎重にならざるを得ないのが現実です。

大手になるほど審査基準は厳しくなる

2007年の貸金業法が改正される以前は、大手であっても比較的審査は緩く、少々の債務がある人でも余裕で審査に通っていました。と、いうのも 当時の上限金利は29.2%で、現在の18.0%と比較するとはるかに高金利が許されていたのです。したがって、少々の融資金の焦げ付きがあってもそれを遥かに上回る収益が見込めたことから、貸付審査も柔軟に対応していたわけです。

上限金利の推移

貸金業法改正により、グレーゾーン金利が認められなくなったことから上限金利は18.0%と規定され、それまで取っていた18.0%以上の金利はすべて返還しなくてはならなくなりました。その結果、体力のない中小以下の業者の多くは倒産の憂き目に遭い、大手でさえ苦境に立たされたことは歴史が示す通りです。その後はそれまでのように回収不能を想定するような貸付は事実上不可能となったことから、審査基準がより厳しくなったことは当然の成り行きといえるでしょう。

確実に借りるためには

上述したように、貸付審査は以前より厳しくなったのは事実です。しかし、消費者金融は金銭を賃借してこそ営業利益を出せるのであって、大切に 事務所にしまっておいては一円も利益は生み出すことが出来ません。内心はお金を貸したくて仕方ないのが貸金業者の本音なのです。そのあたりの本音を理解しておいた上で、確実に貸付審査を通過するにはまず自分の置かれた状況を理解することが先決です。
  • 現在他社から借りている業者の件数
  • 現在他社から借りている借金の合計
  • 現在他社から借りている借金に対する毎月の返済額
  • 現在の収入

上記の項目の内、現在の借入件数によって、だいたいの融資先の検討が付きます。簡単にいえば、借入件数が3件程度かそれ以下なら大手消費者金融で借りれますし、それ以上の借り入れがある人は中堅消費者金融を選べば間違いないでしょう。以下の図表は借入件数と融資先を示したものです。

借り入れ件数に合致する融資先

大手というのは、「プロミス」「アイフル」「アコム」「モビット」「レイク」といった銀行系に属する金融業者を指します。中堅業者は、大手以外の消費者金融を総じて呼称しますので、その数は膨大になります。したがって、大手に近い準大手と呼称される業者やマチキンに近い零細業者も含まれてきますので、この中から融資先を選ぶのは至難の業となるはずです。

当サイトではその膨大な中堅以下の消費者金融を、信用力、柔軟審査、資本力といった項目を吟味し、更にその上でスマホやPCを使ってweb申し込みが可能な業者のみをピックアップしてみました。

区切り線

もしも審査に通らなかったら

審査に通らなかった際に一番やってはいけないことは、闇雲にいろんな業者へ融資の申し込みをしてしまうことです。なぜならば、審査で落とされた事実とその後に複数の業者へ融資の申し込みをしていることの一切が、信用情報機関の個人データに登録されてしまうからです。貸金業界に係わる一切の行動がすべて詳細に記録されているといっても過言ではありません。そしてそういった行動はまずます審査に不利な状況を作り出していっていることを自覚しなければなりません。

審査に通らない理由の大部分が、借入総額が多いことによる支払い能力不足と判断されてのことです。実際以下の図表を見てみると、いかに多重債務者への追加融資が難しいかは一目瞭然になるはずです。

審査に通らない理由

19/8/16 14:30:31
お金

お薦めサイト